HOME   >   農林漁業支援活動   >   新規就農支援   >   農業次世代人材投資事業・準備型

1. 制度の概要

  • 県が認めている研修機関や農家などで研修を受ける方に、1人あたり年間150万円を直接交付します。(期間は最長2年間ですが、国内で2年間研修した後に、海外研修を1年間行う場合には3年間交付されます。)
  • 交付を受けるには、研修計画など必要な書類を提出いただき、公益財団法人えひめ農林漁業振興機構の承認を受ける必要があります。
  • 承認を得るためには、就農予定時の年齢が45歳未満であり、次世代を担う農業者となることについて強い意欲を有しているとともに、研修計画が要件を満たしていることが必要です。
  • 承認後について、適切に研修が実施されていない場合や、研修終了後1年以内に就農できなかった場合など、これらをはじめとする要件を満たさなかった場合には交付金を全額返還していただく場合があります。
  • 研修終了後に独立・自営就農を予定された方が、就農後5年以内に認定新規就農者もしくは認定農業者にならなかった場合など、これらをはじめとする要件を満たさなかった場合には、交付金を全額返還していただく場合があります。

2. 申請の受付期間

平成29年12月13日(水)から平成30年1月10日(水)午後5時まで

4. 申請書類の提出先

(1)農業大学校など教育機関で研修する場合

申請書類は、研修を受ける教育機関に提出してください。

(2)先進農家などで研修する場合

申請書類は、研修地を管轄する愛媛県庁の地方局産業振興課、支局地域農業室に提出してください。

5. 研修計画の認定ついて(面接の実施)

  • 研修計画の認定については、研修計画の内容とともに面接の内容も加味して判定させていただきます。(認定は予算の範囲内とさせていただきますので、予めご承知ください。)
  • 面接は2月1日(木)に松山市内での開催を予定しており、詳細は後日連絡いたします。
  • なお、必要に応じて追加の書類などを求める場合がありますので、ご了承ください。

6. お問い合わせ先

公益財団法人えひめ農林漁業振興機構
愛媛県松山市一番町四丁目4-2(愛媛県庁内)
TEL:089-945-1542